会社概要
レーザー式高速広視野欠陥検査装置
3Dカメラ表面形状検査装置

― 画像処理検査システム ―

LDWS-01
レーザー式高速広視野欠陥検査装置
300mm幅において10μmの欠陥が検出可能な高速・広視野な欠陥検査装置です。
LDWS-01 レーザー式高速広視野欠陥検査装置

驚きの高速・広視野で「見極める」

300mm幅において最高18m/分のライン速度で画像化し、最少10μmの欠陥を面積や長さから自動検出します。

今までにない検出能力で「見極める」

CCDカメラが苦手とする光沢表面上の欠陥や、素材と同色の異物なども逃さず検出します。

多様な装置構成で「見極める」

検査対象物に合わせて、反射・錯乱・透過など様々な検査方法に対応します。

製品詳細情報をダウンロード(PDF)

用途

金属やセラミック、高性能フィルムのキズ・クラック等の欠陥を広範囲で検出します。

仕様

項 目 仕 様 備 考
検査装置寸法 投光器:W350×D370×H80mm 約7kg
受光器:W596×D100×H50mm 約2kg
波長 660nm 赤色可視光
スポット径 40μm 走査範囲全域で保証
最少検出能 5μm 条件による
解像度 最高11μm 300mm幅において約27000画素相当
検査有効幅 300μm
焦点位置 58mm 投光器先端からワーク表面までの光軸方向距離
光源照射角度 水平ワーク面に対して10~85° 対象ワークの検査に最適な角度に設定

環境条件

項 目 仕 様 備 考
温度・湿度範囲 使用時:15~35℃、35~70%RH 結露なきこと
電源定格 1φAC100V、1kW以下
サンプル評価テスト受付中
レーザー式高速広視野欠陥検査装置
3Dカメラ表面形状検査装置

Our Business

タイヨー電機の製品一覧

画像処理検査システム 測域センサーシステム

ページの先頭へ